2009年05月23日

メダカの稚魚用の餌の作り方 超微粒子パウダー状

メダカの稚魚用の餌の簡単な作り方


今の時期は皆さんたくさんの稚魚が生まれている

と思います。


メダカの魅力は姿もかわいいものですが繁殖

させる楽しみがありますね。



メダカの稚魚はかなり小さいためパウダー状の

超微粒子にしなくては食べ切れません。


生後3日ぐらいはおなかに栄養分があるため不要です。

稚魚は水面近くを泳ぎあまりもぐらない為なるべく

フロートタイプの餌が好ましいと思います



下に沈んだ餌も食べますが小さいうちは水面を泳ぐことが

多いです。



皆さんもご存知かと思いますがすり鉢でする方法が

簡単です。

100円ショップで手に入ります。熱帯魚店などで買うと

高いです。100円のもので十分です。


6UYrIW.jpg



しかし欠点は時間をかけてつぶしても潰しきれず

大きな粒が残ります。





一番いいのはミルミキサーが早くて一番です

超微粒子で龍角散なみのパウダー状になります



P1040647.JPG



量販店で安売りの時は1980円で売っています

通常でも2980円ぐらいです。



P1040648.JPG



左がミキサー後 

P1040649.JPG


通常のメダカ用のえさ 粒子

P1040650.JPG





超微粒子でパウダー状

少しの風で飛んでいきます

P1040651.JPG


軽いので水面に長く浮いているという長所があります

食べ残しもわかります

30gもあれば十分な量かと思います。


すり鉢ではここまで小さくなりません



今日は卵60個ぐらい産んでいました

ここ数日は朝は少なく昼、夕方の産卵が多いです



稚魚も毎日70匹前後生まれています。


ねずみ算式に増えています。


ちなみに1ペアで一年に平均700個ぐらい

の卵を生むそうです。

大きく育つのはこの半分ぐらいだそう



○○○匹x700÷2=○○○○○○?

すごいことになります

まさにネズミ算




天然メダカは絶滅状態ですが家庭のメダカは

増えつずけている?


通常のメダカはえさにもされているようで

かわいそうですね


弱肉強食の世界ですから自然では当たり前

のことですが・・・・・・。





☆ランキングに参加しています

 応援ポチ!よろしくお願いします
  ↓    ↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村







[楊貴妃] ブログ村キーワード



posted by ゆう at 19:22| Comment(2) | TrackBack(1) | 稚魚用の餌の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。