2009年09月07日

メダカのヤセ細り病のいい対処法

メダカのヤセ細り病の対処法

メダカの痩せ病気


急に体が細くなりxとなる経験をお持ちかと思います

私も何度もみてきました

MY対処改善法をご紹介します



正確な原因、対処法などは分かっていないようです。



原因説は

寿命、消化不良、内臓疾患などの説があります。

他には水流があり疲れてやせる

餌による栄養のかたより

近親交配が多い場合

他 説はいろいろあるようです




しかし生まれて4か月ぐらいでなる場合もあり

ますので寿命説は除外。


水流がなくても発病するので水流説も除外


近親交配説だと治らないとおもいますので

これも除外




やせ細っても餌はちゃんと食べているかと思います

でも餌をかぶがぶ食べる元気はないようです


泳ぎも通常とは違います 明らかに病気です


樹医がいるようにメダカ医がほしいところです




消化不良の場合は腹が膨らむことが多いかと思います。

ふんずまり。


フンの色が変わる場合もあるようですので

消化不良、内臓疾患あたりでしょうか。



食べても太らないということは人間でも内臓が

悪くなればおこる病気です



でも複数の水槽があれば同じ1水槽で多くの

メダカがやせ細ることが多いです。

2の水槽は発病なし。伝染病?




よって、水質によるものが原因ではないかと思います。

水質悪化で内臓疾患になり発病するのではないか


と考えます




私の対処法は

いろいろと今まで試しました。


そのままの状態だと生存率は0に近いです。



その1 

新たな水槽に移す(泥、水草を入れ1週間ぐらいおいて

    水をならした状態)


その2

広い水槽に移す。


その3

水温を上げる  他 塩浴させる


上記1.2.3では良い結果は出ませんでした。



私はエアーレーションなしの飼育です。



一番効果的だった対策をご紹介します。


もともとヤセ病が始まるのは今まで水質悪化のようでした。



毎日少しずつ水を替え、下に沈んでいる汚れを取り除き

足し水をした場合改善が見られました。


この方法は何度か試しましたが5匹いれば2匹はもとに

2週間ほどで戻りました



一番良かった方法は

濾過フィルター付きのエアーレーションです。

四角いプラケースに白綿入りで上から火山のように

エアーが出る昔ながらのエアー供給機です。

水槽セットに同梱されている安物エアー機です




エアー機のろ過材の掃除の時はきれいに掃除する

のではなくすこし汚れを残した状態がいいです。

バクテリアが発生していますのでこのバクテリアで

水の浄化を倍増させる役割があります





発病水槽にこのエアー機投入、10日ぐらいすると

水が浄化され汚れていれば水がきれいになります。


10日ぐらいよりメダカも元気になり、やせが

少しずつ元に戻ります。



注意点はあまり大きなポンプは使わないことです。

エアーが多すぎると水流が発生して泳ぎ疲れます。


小さなポンプで時間をかけたほうがいいです。



もともと私はきれいにまめに手入れができないほうです
(する時間がないというのもあり)

がこの方法で何度もやせ病を回復改善しています。



先日も20匹衣装ケース水槽で6匹がやせ細り

2週間ぐらいで全員匹元気になりました。




100%ではありませんが60%以上の確率で生還しています。


ということはやはり水質悪化の原因で病気になるのでは

ないかと考えます。



水質浄化により病気が改善されたのかと思います



いきなりきれいな水に入れても改善がなかったと

上に書いていますがジョジョに水質改善という状態が

いい結果だったと思います。



改善したらエアーレーションは外します。




すでにエアーレーションされている方は??となります。

その場合pHなどを計って調整してみてください



参考までにお試しください。



以前にも書きましたがホテイ草の増えすぎも要注意です

根が大きくなったら切り小さくしてください

夜酸欠します。

詳しくは以前の記事を見てください





☆ランキングに参加しています

 応援ポチ!よろしくお願いします
  ↓    ↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村












posted by ゆう at 00:54| Comment(0) | やせ細り病の対処法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。